So-net無料ブログ作成
 

高齢出産 リスク 初産!流産と帝王切開の確率は? [高齢出産]

2013-05-11_162351.png

晩婚化や医療技術の発達により、急増している高齢出産
(特に初産)のリスクについて書いていきます。


高齢出産というのは、35歳以上の女性が出産することを
指します。





最近では、東尾理子さんをはじめ、多数の有名人が高齢出産
をし、話題になっていますよね。
それにより、昔に比べて高齢出産はかなり身近なものに
なってきています。


ですが、高齢出産でしかも初産の場合それなりのリスクが
伴うのも事実です。

昔(医療技術が発達する前)は、「出産は命懸け」と言われ
ていたくらいなので、年齢問わずに出産はリスクを伴うもの
ですが、高齢が故のリスクというものもあります。


高齢出産のリスクと聞いて、一番最初に「ダウン症」などの
染色体異常を思い浮かべる方も多いかと思います。
ダウン症に関しては20代で0.1%、35歳で0.3%、そして40歳
の場合は1%といわれています。


染色体異常以外のリスクについても書いていきます。

まずは妊娠するまでの話。

妊娠する確率は歳を重ねるごとに減少していきます。
よって、高齢出産と言われている35歳~40代の不妊率は
40%を超えているといわれています。


そして、妊娠中のリスクもあります。
1つめは、流産の確率が増加するという点です。
流産の確率は20代で10%、30代で15%、40歳以上では40%
程度といわれています。


2つめは、妊娠中毒症になる確率が高くなるという点です。

妊娠中毒症の症状にはむくみ、蛋白尿、高血圧などが
あげられますが、高齢出産の場合に一番心配されるのが
高血圧です。


20代の女性と比べて高齢出産の場合は1.8倍高血圧の
リスクが高まると言われているそうです。
出産時のリスクとしては、難産の可能性が高まると
いわれています。

これは、特に初産の方におこりやすいリスクといえます。


高齢・特に初産の場合は産道や子宮口が硬いので、難産に
なりやすいそうです。
そのため、出産に耐える体力がないと判断された場合、
帝王切開になるケースが多いようです。


今回は高齢出産(特に初産)のリスクについて書いたので
これを読んで不安に感じる方も多いと思いますが、現実に、
高齢出産をし、元気な赤ちゃんを産んでる女性もたくさん
いるのも事実です。


様々なリスクを理解したうえで、専門医と相談して決める
のが一番だと思います。

⇒費用もかからず、大した時間も使わず、体や心も傷めることもない方法《詳細はコチラ》



《高齢出産のリスクやダウン症の関連記事》

⇒高齢出産障害検査で何がわかる?費用は?

⇒高齢出産障害確率は?どんな障害がわかるの? 

⇒高齢出産ダウン症確率は?診断方法は?

⇒高齢出産ダウン症原因は解明されたのか?

⇒高齢出産ダウン症検査の比較と実態

⇒芸能人高齢出産不妊治療経験者は誰?

⇒芸能人高齢出産障害を告白した人とは?

⇒芸能人高齢出産ランキング2013を一挙公開

⇒高齢出産リスク怖いと感じる理由は?対処法は?

⇒高齢出産リスク不安に感じる理由は?対処法は?

⇒高齢出産リスク羊水検査のメリットとデメリットを比較

⇒高齢出産リスク問題点のまとめ 20代出産との比較

⇒高齢出産リスク経産婦も知っておきたい5つのポイント
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

TOP ページ"