So-net無料ブログ作成
 

高齢出産ダウン症確率は?診断方法は? [高齢出産]

2013-05-11_094603.png

高齢出産の場合、子供にダウン症などの障害がある確率
増加すると言われています。


高齢出産で、ダウン症の子供を妊娠する確率を掲載して
おきます。

◎20歳→1177分の1
◎25歳→1040分の1
◎30歳→700分の1
◎35歳→295分の1
◎40歳→86分の1
◎45歳→21分の1

確かに、母親の年齢があがるとともに、ダウン症の子供が
生まれる確率も増加してますね。


なぜ、高齢出産だとダウン症の確率があがるのかについては
まだ原因が解明されていないようです。


ですが、45歳で21分の1ということは、いくら確率があがると
いっても、ダウン症ではない可能性の方が圧倒的に高いです
ね。


ダウン症に関しては、原因が解明されていないことから、
自分自身で予防することはできません。


妊娠した以上、高齢出産でもそうでなくても、誰にでも
ダウン症などの障害がある可能性は存在します。


高齢出産を考える時に、ついついダウン症の確率にばかり
目がいってしまいます。
ですが、赤ちゃんを授かる以上「○分の1」という数字に
ついていくら悩んだり考えたりしても前にはすすめません。


どうしても気になる時は、羊水検査や新型出生前診断を
受ければ、ダウン症の有無を調べることはできます。


費用は全額自己負担なので、10~20万ほどかかります。


ですが、ダウン症の有無がわかった時には、すでにおなかの
中で赤ちゃんが確実に成長しています。
羊水検査や出生前診断は、多くの倫理問題を抱えています。


とても難しい問題ですね。

⇒費用もかからず、大した時間も使わず、体や心も傷めることもない方法《詳細はコチラ》



《高齢出産のリスクやダウン症の関連記事》

⇒高齢出産障害検査で何がわかる?費用は?

⇒高齢出産障害確率は?どんな障害がわかるの? 

⇒高齢出産ダウン症原因は解明されたのか?

⇒高齢出産ダウン症検査の比較と実態

⇒芸能人高齢出産不妊治療経験者は誰?

⇒芸能人高齢出産障害を告白した人とは?

⇒芸能人高齢出産ランキング2013を一挙公開

⇒高齢出産リスク怖いと感じる理由は?対処法は?

⇒高齢出産リスク不安に感じる理由は?対処法は?

⇒高齢出産リスク羊水検査のメリットとデメリットを比較

⇒高齢出産リスク問題点のまとめ 20代出産との比較

⇒高齢出産リスク経産婦も知っておきたい5つのポイント
nice!(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

TOP ページ"