So-net無料ブログ作成
 

高齢出産リスク問題点のまとめ 20代出産との比較 [高齢出産]

2013-05-11_162058.png

最近急増している高齢出産のリスクや問題点をまとめて
みました。

最近では、40代の女性の高齢出産もめずらしい事では
なくなってきています。
それだけ医療技術が発達してきたということですが、
高齢出産にはそれなりのリスクや問題点があります。


高齢出産を考えている女性にとって、
「ダウン症などの染色体異常や障害」を最初に心配する、
という方も少なくないと思います。


子供がダウン症などの染色体異常・先天性の障害を持って
生まれてくる可能性は、妊婦の年齢を問わず、誰にでも
存在します。


ですが、妊婦の年齢があがるとともに、その確率がアップ
するのも事実です。


ダウン症に関しては

■20歳が1667分の1
■30歳が952分の1
■35歳だと378分の1
■40歳では106分の1
■45歳で 30分の1

といわれているそうです。


それ以外にも妊娠中に妊娠中毒症をおこしやすかったり、
出産が難産になる確率がアップするために、帝王切開を
勧められることが多かったりする、などの問題点もあります。


高齢出産の場合は、妊娠できる確率も若い頃に比べて減少
しますし、せっかく妊娠できても、流産のリスクも若い女性
に比べると高まってきます。


出産後の母体の回復も遅く、母体への負担が大きくなると
いう問題点もあります。


これらの高齢出産のリスクや問題点は、若い女性にもその
まま当てはまります。
ただ、若いうちは確率が低かったり、程度が軽かったり
します。


高齢出産を考えている女性は、これらのリスクや問題点を
充分に理解しておくことが必要ですね

⇒費用もかからず、大した時間も使わず、体や心も傷めることもない方法《詳細はコチラ》



《高齢出産のリスクやダウン症の関連記事》

⇒高齢出産障害検査で何がわかる?費用は?

⇒高齢出産障害確率は?どんな障害がわかるの? 

⇒高齢出産ダウン症確率は?診断方法は?

⇒高齢出産ダウン症原因は解明されたのか?

⇒高齢出産ダウン症検査の比較と実態

⇒芸能人高齢出産不妊治療経験者は誰?

⇒芸能人高齢出産障害を告白した人とは?

⇒芸能人高齢出産ランキング2013を一挙公開

⇒高齢出産リスク怖いと感じる理由は?対処法は?

⇒高齢出産リスク不安に感じる理由は?対処法は?

⇒高齢出産リスク羊水検査のメリットとデメリットを比較

⇒高齢出産リスク経産婦も知っておきたい5つのポイント

⇒高齢出産リスク初産は要注意!?
nice!(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

TOP ページ"