So-net無料ブログ作成
検索選択
 

高齢出産リスク羊水検査のメリットとデメリットを比較 [高齢出産]

2013-05-11_161609.png

高齢出産のリスクについて調べる時に「羊水」という
ワードがよく出てきますね。

羊水というのは、妊娠中に羊膜に包まれた子宮腔を満たす
液のことをいいます。


羊水は、胎児を保護する役目があり、赤ちゃん健康
バロメーターとも言われるほど大切な役割があります。


高齢出産のリスクを心配して羊水について調べるのには
主に2つの理由があるようです。


高齢出産の場合、若い妊婦に比べて、ダウン症などの染色体
異常の子供が生まれる確率が増加すると言われています。

高齢出産を考えている女性は、まず最初に、ダウン症などの
染色体異常のリスクを気にする方が多いようです。


ダウン症などの染色体異常があるかどうかを調べる1つの
方法として、羊水検査というものがあります。
この羊水検査をすることによって、染色体の数の異常や形の
異常の有無を知ることができます。


そのため、高齢出産を考えている女性は、最初に羊水に
ついて調べる方が多いようです。


この羊水検査は、ダウン症の有無などに関しては高精度の
結果を得ることができますが、その分、

・費用が高額(10~15万程度
・検査結果が出るまでに2週間ほどかかる。
・羊水検査により流産してしまう可能性もある。
・全ての異常がわかるわけではない

などのリスクも発生します。


この他に、高齢出産のリスクを気にする時に羊水を調べる
のにはもう1つ理由があげられます。


数年前、ある人気女性歌手が、ラジオ番組内で、
「35歳を過ぎると羊水が腐る」と発言し、問題になった
ことがありました。


それ以来、高齢出産を考える女性は、羊水について気にして
しまう方が増えてしまったようです。
この件に関しては、後日、その歌手の方も訂正し謝罪を
しています。


羊水の状態は、妊婦の年齢は関係ありません。

羊水は、主に胎児のおしっこからできているものなんです。
なので、母親の年齢は関係なく、羊水はきれいな透明な
状態です。


出産が近づくと、「胎便」が排出され、羊水が濁ることも
あるみたいですが、こちらも母親の年齢はまったく関係
ありません。


高齢出産を考える時に、マイナス面の情報ばかりに目が
いってしまいがちになりますので、専門家と相談しながら
正しい知識を身につけることが大切ですね。

⇒費用もかからず、大した時間も使わず、体や心も傷めることもない方法《詳細はコチラ》



《高齢出産のリスクやダウン症の関連記事》

⇒高齢出産障害検査で何がわかる?費用は?

⇒高齢出産障害確率は?どんな障害がわかるの? 

⇒高齢出産ダウン症確率は?診断方法は?

⇒高齢出産ダウン症原因は解明されたのか?

⇒高齢出産ダウン症検査の比較と実態

⇒芸能人高齢出産不妊治療経験者は誰?

⇒芸能人高齢出産障害を告白した人とは?

⇒芸能人高齢出産ランキング2013を一挙公開

⇒高齢出産リスク怖いと感じる理由は?対処法は?

⇒高齢出産リスク不安に感じる理由は?対処法は?

⇒高齢出産リスク問題点のまとめ 20代出産との比較

⇒高齢出産リスク経産婦も知っておきたい5つのポイント

⇒高齢出産リスク初産は要注意!?
nice!(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

TOP ページ"